SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神3

[著者:相野仁/イラスト:桑島黎音/角川スニーカー文庫]★★

 相変わらず日常でも全然さえてなくもおっさんぽ
く(外見内面含めて)もないんだけど……もうそろ
そろこのくだりはいいか。まあ今回は日常でのバル
としての活動がメインだったからか、「正体隠して
る時でも超有能じゃないか」と見せつけられた為、
改めてそんな風に思わされてしまったわけですね。
 そして相変わらず非日常である、『八神輝』バル
トロメウスとしての強さが圧倒的過ぎる。裏の顔の
出番がかなり絞られていたにもかかわらず、この存
在感ですよ。召喚された魔界の元帥級の実力者が赤
子同然の扱いって……結局バルが実力発揮した時点
で勝利確定となるので、あとは“どうやって相手を
料理するのか”に興味が向いてしまうんですよね。

既刊感想: