理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?3

[著者:三河ごーすと/イラスト:茨乃/MF文庫J]★★

理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?3 (MF文庫J)

理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?3 (MF文庫J)

 グラン・マリアの暴走が人類滅亡の危機を招こう
としている。彼女を食い止める事こそが人類が生き
延びる手段であり、冬真からすれば彼女こそが目下
の敵対者となる。しかしながら、今回一挙に明るみ
に出た色々な要素が絡まり合って、単純にグラン・
マリアを害悪とは切り捨てられない複雑さも持ち合
わせていたような印象でした。十二老頭評議会も善
だ正義だとは支持し切れない裏もあるみたいだし。
 雪奈の持つ特殊性と胞子獣との関連性、切れない
糸で繋げられているような、その影響がどんな形で
出て来るかは見通せない。そこに加えて、嬉しいん
だけど素直には喜べないラスト直前のこれ。とりあ
えず新たな問題の種になるのは間違いなさそう。

既刊感想: