SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

29とJK7 ~さらば、憧憬~

[著者:裕時悠示/イラスト:Yan-Yam/GA文庫]★★★

デビュー目前のラノベ作家と編集者と企業の裏話
 話の中身がリアル過ぎて震えた。まあ大抵ラノベ作家ネタ的な内容って、虚実が巧妙に入り混じっていて色々と勘繰ってしまいがちなんですけど。その辺りはフィクションと捉えておいた方が、多分心穏やかでいられるのでしょう。

〝描きたい事”の本質に踏み込んで行く
 『サラリーマンのお仕事小説』な雰囲気からはちょっとズレて来ている? と、そう思っていたこちら側の見方が、もしかしたらズレていたのかも。今回のあとがきに触れて感じた事。年の差恋愛、ラノベ作家の夢を託す、鮮やかな下剋上……社畜の苦労の下に埋もれていた何かを思い出させてくれるような。

逆転劇の始まり
 途中までめちゃくちゃ鬱憤が溜まる展開だったんで、自分の過去の『憧れ』を断ち切る鋭二の英断、いつもの鋭二節がようやく見られて少しだけスッとしました。しかし相手は業界に多大な影響力を持つ難敵、果たしてここからどうやって巻き返して行くのか?

既刊感想: