SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

終焉ノ花嫁

[著者:綾里けいし/イラスト:村カルキ/MF文庫J]★★

心の片隅に引っ掛かる何か
 主人公カグロ・コウの存在と、初期段階から彼の中で起こっている『何か』について。特殊な生徒達と【キヘイ】との共存や、彼ら彼女らが在籍する特別なチームの事が描かれて行く中、更に特殊なコウに何か秘密めいた匂いを感じさせる。ここが非常に気になって来るんですよね。章ごとの冒頭に現れる『謎の女性』の存在と共に、終盤の種明かしまで、グイッと興味を引っ張られるような感じでした。

本当の始まりは、コウが目指した更にその先に
 コウが何となく思い出せない断片的な記憶の欠片。この謎が解かれ、彼と白姫に起こっている真相が明かされた後は、一気に波が押し寄せて来るような怒涛の展開。いや、今後の方向性が予想外な所に向いたのも含めて、最初から色々と濃い内容でしたね。