SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

反撃のアントワネット! 「パンがないなら、もう店を襲うしかないじゃない……っ!」「やめろ!」

[著者:高樹凛/イラスト:竹花ノート/電撃文庫]★

始まりはこの台詞から
 タイトルの台詞を、架空の物語でマリー・アントワネットに言わせてみたらどうなるか? みたいな発想から、話を広げて行ったような感じ。主人公・千隼の一人称視点と、会話文多量で物語が進んで行くので、キャラクター同士の掛け合いの雰囲気とテンポは凄く良い。ただ、世界観や舞台背景などの設定描写が割とすっ飛ばされていたので、その点はもうちょっと頑張って盛り込んで欲しかったかなあ。

極貧脱出物語
 設定面の説明盛り込みの薄さをあまり気にしないなら、登場人物達の愉快な掛け合いだけでも充分に楽しめる。インパクト充分で、誰もが印象に残るような個性が際立っている。あとは単純に、彼らの不毛なやり取りを眺めているのが楽しいんですよね。