SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

夢見る男子は現実主義者2

[著者:おけまる/イラスト:さばみぞれ/HJ文庫]

恋愛感情が相手に通じない
 渉が愛華に『振られた』『嫌われている』と思っている以上、どうやっても変わりようは無い気がするなあ。どっからどう見ても、両想いで相思相愛。それ以外のなにものでもないはずなのに。相当こじれてこんがらがってるな、って感じですよね。

 更に「こりゃアカン」と思うのは、渉って結構他の女子の好意を引き寄せるんですよね。しかも無意識かつ無自覚なのが良くない。愛華ルートに入りそうな所で幾度も脱線する。そして何故か遠ざかる。

 愛華は前よりも、大分素直に渉への好意を出せるようになったと思う。でも、まだ躊躇と羞恥が本音を吐く邪魔をする。一方で、渉は愛華に好かれているとは全く思っていない。まだまだ前途多難です。

既刊感想: