SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

プロペラオペラ4

[著者:犬村小六/イラスト:雫綺一生/ガガガ文庫]

 ガメリア合衆国との最終決戦前の準備段階的なエピソード。日之雄艦隊でのクロトとイザヤ、漂流状態のリオと速夫、ガメリアでスパイ活動を展開するユーリが接触に成功した宿敵カイルとの関係。

 『嵐の前の静けさ』的な、穏やかながらも緊張感を強いられる状況で、それぞれが自身の“進むべき道”を考え決意を固めて行く。そんな雰囲気がひしひしと伝わって来る描写がとても良かったです。

 今回が割と大人しかった分、次巻は相当『ヤバい』らしいですよ。まあ最終局面なんで、状況が激化するのは想像が付くんですが、皆の無事な生還を祈りつつ、それでも色々覚悟を決めておいて臨んだ方がいいのかも……と思ったりもしました。現状でも戦力差は圧倒的にガメリアの方が上ですから。

 あとは、今回はユーリの行動越しにしかカイルの様子は掴めませんでしたが、それでも「やっぱこいつ筋金入りの変態や……」と思わされました。強大な権力でクロトやイザヤ達に迫って来るのは鳥肌ものですが、何としても勝利して欲しいですよね。

既刊感想: