SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣

[著者:瘤久保慎司/イラスト:赤岸K/電撃文庫]★★

錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣 (電撃文庫)

錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣 (電撃文庫)

 紅菱の一族が主役とするなら、今回のビスコ達は
立場的に脇役みたいなもの。六道囚獄の連中にとっ
ては招かれざる客であり、ビスコの行為は飛んで火
にいる夏の虫のようなもので。直接的には深い関わ
りも無いのに、あえて余計に深く関わろうとして強
引に主役面して割り込んで来る辺りは、これまで同
様にビスコらしいなあって振舞いでしたけどね。
 今回に中でちょっと気になってるのが、この最後
の終わり方について。ビスコとミロは直視していた
筈なので、シシのこの行為に対して果たしてどんな
感情を抱いたのか。そこが描かれずに幕引きだった
ので、次までシシや紅菱一族との話が尾を引くのか、
それともすんなり終わって別の所へ向かうのか。

既刊感想: